英語を勉強するならこれ!リスニング力を強化する3つの特訓法

英語を勉強するならこれ!リスニング力を強化する3つの特訓法

英語を勉強するならこれ!リスニング力を強化する3つの特訓法

 

 

毎日たくさん聴いてるのにリスニング力が上がらない」そう思う人は少なくないでしょう。

 

しかし、ただ聞いているだけでいきなりリスニング力を上げようと思ってもできないのは当たり前なんです。

 

そんな時には、リスニング力を強化する3つの特訓法を試してみましょう。

 

 

リスニング力を強化する3つの特訓法とは?

 

次に説明する特訓法3つを1〜3へち順番に馴らしながら実行していくことで驚くほどに身につきます。

 

 

・特訓その1「ディクテーション」
ディクテーション(Dictation)とは「書き取り」のことをいいます。つまり、リスニングをしながら聴こえてきた文章を書き取っていく方法のことです。続けていくことで自分が苦手とする発音が聴き取れるようになりリスニング力が強化されるこの方法は、英語力向上に大変高い効果があるといわれています。実際に、ディクテーションができる人ほどTOEICスコアが高いことが証明されています。

 

「書く」という作業のため、文章の開始や終了場所、大文字になる単語、コンマやコロンの付け方など、基本的なライティング方式を理解しておくことが重要になりますが、続けていくうちにライティングのスキルも強化されていくので一石二鳥です。

 

書き取ったものは答え合わせが必要なのでスクリプトのある音源を聴きましょう。初めての時は、文章すべてを正しく書き取ることに惑わされず、まずは聴こえてきた単語だけでもいいので書き取っていくことが大切です。

 

 

 

 

 

・特訓その2「オーバーラッピング」
オーバーラッピング(Over Wrapping)は「重ねる」という言葉の意味通り、音源に合わせて文章を読む方法で、英語の勉強法の中では基礎的な方法です。

 

スクリプトのある音源を使って、聴こえてくると同時にその文章を読み上げます。既に音声が流れているので簡単に取り掛かかることができます。読み上げている間は頭の中に日本語が現れることがないので、感覚を英語モードへとスイッチしやすくなります。また、音声と同じ文章をただひたすら重ねて喋り続けることで、発音、音のつながり、文章の終わり方などを把握できるようになります。

 

作業は、発音の間違いや単語の聞き間違いなどに惑わされず、とにかく流れる音声と同じ速さで読み上げるようにしましょう。ビギナー用の音源などで読み上げるスピードが極端にゆっくりなものは、再生速度が変更可能な機器を使って、自分の好みのスピードに調節しながら特訓すると効果的です。

 

オーバーラッピングができるようになったらシャドーイングへとステップアップしましょう。

 

 

 

 

 

・特訓その3「シャドーイング」
影(Shadowing)、つまり「後を追う」という意味で、音源からやや遅れて読む方法です。スクリプトは見ずに、聴こえてきた文章を自分で拾い上げて喋ります。イントネーションを真似て喋ることで文章全体のリズムがつかみやすくなり、リスニング力強化には大変効果のある勉強法です。

 

発音することには英語の音と意味を連結させる働きがあるので、シャドーイング法を実行すればリスニング力だけでなく発音力も磨かれるというメリットがあります。聴こえてきた音声を追いかけながら喋るので難易度は高くなりますが、シャドーイングができるようになればリスニング力はかなり向上したことになります。

 

ヘッドホンをかけて行うと効果的です。自分の声よりやや大きめの音量で聴くと発音やアクセントを拾いやすくなります。

 

 

 

 

 

まとめ
いかがでしたか?「書いたり読んだりってリスニングと関係ないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、英語の勉強には「発音できる=聞き取れる」というきちんとしたセオリーがあるんです。

 

英語の勉強に何一つ無駄なものはありません。リスニング力の強化は英語力を全体的に向上させるので一石二鳥です。ぜひ今日から特訓開始してみてくださいね!

 

 

 

丸暗記は不必要!人気の英会話教材の秘密とは?